スマートグリッドの構成技術と標準化 - 横山明彦

横山明彦 スマートグリッドの構成技術と標準化

Add: yrarud86 - Date: 2020-11-25 19:23:34 - Views: 7333 - Clicks: 5292

高度デジタル技術で補完/数千万台のEVを蓄電池化 東京大学大学院教授 横山明彦氏 10月26日、菅義偉首相が年までに、温室効果ガスの排出を実質ゼロにする方針を表明した。その実現には、再生可能エネルギーを大量に受け入れ、どう安定的に供給するのかが大きな課題となっている。再生. 6 形態: 330p ; 21cm 著者名: 横山, 明彦 書誌ID: BBISBN:. 公益財団法人 電気科学技術奨励会(会長・安田 浩 東京電機大学学長、理事長・横山明彦 東京大学大学院 教授)は、文部科学省主催の科学技術週間に連動して実施している電気科学技術講演会を4月19日(金)に東京都新宿区・「四谷区民ホール」において. 各構成技術の概要 4. 横山 健児 (株)NTTファシリティーズ 事業開発部スマートビジネス部門 担当部長. 嶋田 博/中瀬卓也/武田 博. 【第4編 スマートグリッドにおける国際標準化について】 総論 技術開発と国際標準化動向 ・標準とは ・標準の種類と階層 ・事業戦略に直結した国際標準化 ・戦略的な国際標準化の推進 ・諸外国の国際標準化の動き <1>日本におけるスマートグリッド. 横山昭彦、合田忠弘他:「スマートグリッドの構成技術と標準化」、日本規格協会、年6月; 林泰弘他:「スマートグリッド学」、日本電気協会新聞部、年12月; 正田英介他:「スマートグリッドとEMC」、電磁環境工学情報EMC、No.

スマートグリッドは、次世代の電力ネットワークを支える社会インフラ技術として期待されています。 本書はスマートグリッド研究の第一人者である東京大学教授の横山明彦氏が、電力ネットワークの視点から、スマートグリッドを定義し、最新動向を紹介するとともに. 第58回 電気科学技術講演会のお知らせ. 今回 の論点 2. (インターネット技術標準化委員会)に対して技術支援 を要請した。ietfでは現在、スマートグリッド関連の議 論が活発化している(p. 1。 ndc9 版:543.

このように電気事業環境が大転換を迎える中、スマートグリッド技術の実用化が急がれています。本書は、スマートグリッド研究の第一人者である横山明彦・東京大学大学院教授が、スマートグリッドの今の姿を徹底解説したものです。 著 者:横山 明彦(東京大学大学院 新領域創成科学研究. スマートグリッドの構成技術と標準化 フォーマット: 図書 責任表示: 横山明彦 ほか 共著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本規格協会,. &0183;&32;活気づくIECの組織構成〔1〕SMBの下のSG(戦略グループ)とTC(専門委員会) 電気および電子技術分野の標準規格の策定を行うIEC(International Electro-technical Commission、国際電気標準会議)は、1906年に設立(本部:スイス・ジュネーブ)され、年10月現在、世界83カ国(会員)が参加する国際標準化. こうした観点から、当省では既に系統安定化や国際標準等について部分的に検討をはじめているところ。 こうした検討を横断的にとりまとめ、統一的に進めるため、「次世代エネルギー・社会システム協議会」という省内横断的なプロジェクトチームを設置。. スマートグリッド (25) セキュリティ (14) ネタ (393) プライバシー (1) メディア (60) 予測市場 (9) 井上達夫 (1) 人物 (2) 便利ツール (59) 個人情報 (4) 国内ニュース (557) 国際情勢 (136).

米国におけるスマートグリッド標準化. 文献「スマートグリッドからスマートエネルギーシステムまで(第2回)」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。. 9 ・広がるインフラビジネス 国際標準化で巨大市場に挑む! 若井博雄/編 日本規格協会 .10 509. 宮原浩二/吉田 浩/田中 聡/小坂英明. 日本スマートコミニュティ・アライアンスの活動 第2章 米国におけるスマートグリッド標準化動向(新谷 隆之) 1. 126に関連記事)。 欧州はiecを中心とした動き 欧州は国家間での電力融通が行われており、また従.

主な構成技術 3. スマートグリッド。 分類。 ndc8 版:543. 作者: 横山明彦,林泰弘,浅野浩志,坂東茂,合田忠弘; 出版社/メーカー: 日本規格協会; 発売日: /06; メディア: 単行本; 購入: 1人 クリック: 23回; この商品を含むブログ. ev関連技術(v2g,v2h) 赤須雅平/笹本明彦. スマートメーターの 標準化 について 資料 6 平成 22年10月15日 電力 ・ガス 事業部. 日本規格協会 横山明彦 合田忠弘 林泰弘 浅野浩志 坂東茂 今井伸一 林秀樹 木槻純一. スマートファシリティ技術委員会 1.目的 電気事業者,電力需要家間のインタラクティブな情報交換による電力需給バランス最適化及び,温室効果 ガス削減による地球環境保全を狙いとするスマートグリッドの開発,標準化が世界的に進行している。一方,.

スマートグリッドとは、最新の情報通信機器を活用し、 電力エネルギーを効率的に運用する電力網のことです。 スマートグリッド化が進むと、省エネ効果があると考えられています。 今回は当館所蔵のスマートグリッドに関する資料をご紹介します。 図書. スマートグリッド (電気新聞ブックス―エネルギー新書) (横山明彦/日本電気協会新聞部)の書評は本が好き!でチェック. 1.今回 の論点 1.スマートメーター 情報 の取扱 について <HEMS とのインターフェースの 標準化. -スマートグリッドを実現するための管理・監視技術- 1 調査期間: 特許文献 : 1995年~年(優先権主張年) (PCT/パリルート及び国内優先権) 非特許文献: 1995年~年(発行年) 調査対象: 日本特許文献 :21,378件 外国特許文献 :24,075件 非特許文献 :5,170件 使用DB : 特許文献. て検討・標準化中の技術との対比を行うこと で、標準化が必要となる技術領域の同定と、 その標準化を目指す。 ・etsi、ieeeを始め、isoやiecなどEV関連の国 際標準化動向を継続して情報収集する。 ~スマートグリッドのサービスイメージ~ スマートメータ.

1 横山明彦、 合田忠弘、林泰弘、浅野浩志、坂東茂、今井伸一、林秀樹、木槻純一、新井正伸、山田竜也、姉川尚史、弥栄邦俊( )「スマートグリッドの構成技術と標準化」日本規格協会. 第1章 日本におけるスマートグリッド国際標準化動向(合田 忠弘) 1. スマートグリッドの構成技術と標準化 横山明彦, 合田忠弘, 林泰弘, 浅野浩志, 坂東茂, 今井伸一, 林秀樹, 木槻純一, 新井正伸, 山田竜也, 姉川尚史, 弥栄邦俊 共著. 「スマートグリッドの構成技術と標準化」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる. スマートメーターにおいて 標準化 を検討 すべき 項目 3.通信 における 標準化 1.

世界中で関心が高まっているスマートグリッド。スマートグリッドで変わる電気の世界、日本の技術と国際標準化などについて解説する。今後のスマートグリッドの実現に向けて重要な指針となる文書の邦. おわりに : 第1章 エネルギーネットワークを見据えた各種発電技術の現状 第1節 エネルギー技術の現状(火力・原子力)と今後の方向性(船橋 信之) 1. 横山 明彦 合田 忠弘 林 泰弘 浅野 浩志 坂東 茂 今井 伸一 林 秀樹 木槻 純一 スマートグリッドの構成技術と標準化 - 横山明彦 新井 正伸 山田 竜也 姉川 尚史 弥栄 邦俊 日本規格協会(.6) オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る. 「電力系統安定化システム工学」 横山明彦 / 太田宏次 定価: ¥ 3,672 横山明彦 太田宏次 本 book コンピュータ it 自然科学と技術 本書は、電力系統安定化技術の基礎から応用までを体系的に解説し. p11 需要の最適化を可能にするスマートグリッド・ソリューション左柱11行目 (正)〔1〕資産の最適化 (誤)〔1〕試算の最適化 全文はこちら pdf (5. 日米のスマートグリッドに関する共同研究も始まるようですし、日本でもスマートグリッドという言葉がメディアは本格的ににぎわせる状況になってきました。 1月28日、経済産業省がスマートグリッドに関する国際標準化ロードマップについて資料、タイムテーブルなどを公表しました。. 『スマートグリッド解体新書―動き出した巨大産業と企業戦略 (b&tブックス)』(日刊工業新聞特別取材班) のみんなのレビュー・感想ページです(6レビュー)。作品紹介・あらすじ:次世代電力網が創り出す100兆円のビジネスチャンス。. 横山明彦 / 合田忠弘.

6月16日~18日の3日間、「スマートグリッドが拓く新しいまちづくり」をテーマに、スマートグリッドに関心を持つ多くの人々が出会い、ビジネスを生み出すことを目的とした国内で初めてのスマートグリッド. 合田忠弘 | HMV&BOOKS online | 合田忠弘の商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです! Pontaポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!合田忠弘ならHMV&BOOKS online!. ところが、次の「太陽光発電で必要になるスマートグリッド」の節では、マイクログリッドの構成要素でもある太陽光発電や風力発電が大量導入されると「発電側だけで制御することは難しくなる」という説明があったので、マイクログリッドに関する技術開発は終わっていないということに.

スマートグリッド解体新書 動き出した巨大産業と企業戦略 (B&T. エネルギー技術の. 6mb) 発行年月:年8月発行; 制作部室:総務企画部(広報室) 在庫状況:在庫無; スマートグリッドサミット開催に際して 理事長挨拶 村田. JIS電気用図記号ハンドブック JIS C 0617シリーズ 新版 1/日本規格協会(技術・工学・農学) - JIS C 0617(電気用図記号)を掲載した、実務に必携のハンドブック。1は、第1部「概説」から第8部「計器、ランプ及び信号装置」までを収録. 中国国家電網公司(北京) 中国最大の電力配送会社で.

・スマートグリッドがわかる 日経文庫 本橋恵一/著 日本経済新聞出版社 .11 540. 1。 isbn。。 価格。 &165;2800。 タイトルコード。。 内容紹介。 世界中で関心が高まっているスマートグリッド。スマートグリッドで変わる電気の世界、日本の技術と国際標準化などに. 13 ※スマートグリッド 岩垂邦秀/著. スマートグリッドの国際標準化に関する話もあり、経済産業省基準認証政策課の中西宏典課長は欧米の動向に触れながら「標準化は国や企業間で技術を争う部分と協調していく部分を分けることであり、日本企業の優れた技術が効果的に海外市場に進出できるよう、戦略的に対応することが重要. 統合的に制御し、社会全体にかかる費用の最小化を図れる。 ここで紹介したのは概要で詳しくは新書や参考文献を手にとってもらいたい。 参考文献 スマートグリッドの構成技術と標準化 11人による共著 日本規格協会 1章 横山明彦著部分. 日米は同プロジェクトを通し、スマートグリッド関連技術の向上と国際標準化を進める考えだ。 参入企業:現在、参加企業を公募にて募集中.

経済産業省の取り組み 3. スマートグリッド / スマートシティの概要 出典:横山明彦他著『スマートグリッドの構成技術と標準化』 (日本規格協会) 訪問先概要 ※ 訪問先は変更する場合がございますので予めご了承下さい。 1. 文献「スマートグリッドを支えるメータリング技術」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。. スマートグリッドにおけるitの役割:スマートグリッドからスマートシティへ(前編)--nri 武居輝好氏; スマートシティとは何か?都市を効率化.

電気料金は今後どうなる?海外に活路はあるか? 年の東日本大震災によって、日本の電力供給はかつてないほどにひっ迫した。直接被災した. スマートグリッド,横山明彦,書籍,ビジネス・経済,経済,日本電気協会新聞部,次世代の社会インフラである「スマートグリッド」。 本書はスマートグリッド研究の第一人者である東京大学教授の横山明彦氏が、電力ネットワークの視点からスマートグリッドを定義し、技術的課題や各国の事情を.

スマートグリッドの構成技術と標準化 - 横山明彦

email: qamane@gmail.com - phone:(164) 896-7387 x 4243

犯 中韓論 - 黄文雄 - 鈴木正仁 高度成長の社会学

-> Cath Kidston “HELLO!”FROM LONDON
-> 先例から読み解く!建物の表示に関する登記の実務 - 後藤浩平

スマートグリッドの構成技術と標準化 - 横山明彦 - 新しい中国の奇穴 木村愛子


Sitemap 1

図解でよくわかる 1級造園施工管理技術検定試験 平成20年 - 速水洋志 - 愛され女子は知っている OLIVIA 世界でいちばん幸せなおうちセックス